information
  • ご来店誠にありがとうございます!!
  • 会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント!!
  • 会員登録で当店の商品が会員限定価格で購入可能!!
  • 会員ログインして購入で最大3%ポイント付与!! ※プラチナランクの場合

PayPay残高でのお支払いで10%相当還元&抽選で更に全額還ってくる

リフォームおたすけDIY【公式】のコロナ対応

初めてのお客様へ

窓サッシ 購入前のポイント

アルミサッシと樹脂サッシの違いについて

会員登録特典!!

メーカーショールームの見積もりに対し、おたすけ価格でご提案します!

TradeSafe トラストマークは日本で唯一国際基準に基づきネットショップの信頼性と安心を承認する第三者認証マークです

取り扱いメーカー

DIY自慢施工例

施工例を送ってQUOカードをGet!

メーカーWEBカタログLIXIL
メーカーWEBカタログYKK AP
DIYの基本!ねじの回し方!

入浴中以外も注意が必要! 子どものためのお風呂リフォームとは

入浴中以外も注意が必要! 子どものためのお風呂リフォームとは

入浴中以外も注意が必要! 子どものためのお風呂リフォームとは

小さなお子様のいるご家庭では、毎日のお風呂は一大行事です。

すべって転んでしまったり、勝手に熱いお湯を出してしまったりしてヒヤッとした経験のある方も多いのではないでしょうか。
安心して子どもとお風呂に入るためには、しっかりと浴室の環境を整えておくことが大切です。

では、いったいどのような点に注意してお風呂をリフォームするのが良いのでしょうか?
子どものためのお風呂リフォームで押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

転倒防止! 床材を見直して

水に塗れたお風呂の床はすべりやすいもの。好奇心旺盛で、活発に動き回る子どもは特に注意が必要になります。
床材は、水や石鹸がついてもすべりにくいざらざらとした素材にするのがオススメです。

タイルを使用する場合は、なるべく目地が細かいものにするとすべりにくくなりますよ。
また立ち上がる際に体を支えられるよう、手すりをつけてあげるのも有効です。

水量調節と温度調節は別々に

水の量と温度を一つのレバーで操作する「シングルレバー式」の水栓だと、子どもが触って熱湯を出してしまう危険があります。
お風呂場の水栓は、水量と温度を別々に調整する「サーモスタット式」の水栓にしておくのがベストです。
サーモスタット式なら安全ボタンもついているため、気付かないうちに高温になってしまうということもありません。

また、金具類には鋭い角がないか、壁から出っ張りすぎていないかも確認しておきたいポイントです。

勝手に入れないよう対策を!

勝手に入れないよう対策を!

小さな子どもの溺死事故は、その半数以上が家のお風呂で起こっています。
特に怖いのは、子どもが勝手にお風呂場に入ってしまったときです。

入浴中は注意して見てあげることができますが、1人でお風呂場に入ってしまうと、万が一のときの対応が遅れてしまうかもしれません。
そのため、浴室のドアは安全性の高いものに付け替えておくのがオススメです。

先ほどご紹介した対策方法だと本格的なリフォームが必要になってしまいますが、ドアの取り替えだけならDIYでも可能になります。
子どもの手の届かない位置に鍵があり、なおかつ転んでぶつかった際も安全な樹脂素材が使われたドアに取り替えておきましょう。

小さなお子さまがいても安心して過ごせるお風呂リフォームのポイントをご紹介いたしました。
私たち大人にとっては何でもないことも、子どもにとっては危険であるということは少なくありません。
お風呂に入る際はしっかりと危険性を伝え、子どもが不用意に近づかないよう対策して行きましょう。

入浴中以外も注意が必要! 子どものためのお風呂リフォームとは
現在登録されている商品はありません。
カートへ