information
  • ご来店誠にありがとうございます!!
  • 会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント!!
  • 会員登録で当店の商品が会員限定価格で購入可能!!
  • 会員ログインして購入で最大3%ポイント付与!! ※プラチナランクの場合

PayPay残高でのお支払いで10%相当還元&抽選で更に全額還ってくる

リフォームおたすけDIY【公式】のコロナ対応

初めてのお客様へ

窓サッシ 購入前のポイント

アルミサッシと樹脂サッシの違いについて

会員登録特典!!

メーカーショールームの見積もりに対し、おたすけ価格でご提案します!

TradeSafe トラストマークは日本で唯一国際基準に基づきネットショップの信頼性と安心を承認する第三者認証マークです

取り扱いメーカー

DIY自慢施工例

施工例を送ってQUOカードをGet!

メーカーWEBカタログLIXIL
メーカーWEBカタログYKK AP
DIYの基本!ねじの回し方!

浴室の壁・床、ドアにできるカビ……発生を未然に防ぐ方法とは?

浴室の壁・床、ドアにできるカビ……発生を未然に防ぐ方法とは?

浴室の壁・床、ドアにできるカビ……発生を未然に防ぐ方法とは?


浴室の壁・床、ドアにできるカビ……発生を未然に防ぐ方法とは?

浴室は湿気がこもりやすく、汚れなども蓄積しやすいためカビが発生しやすい場所です。
1度カビが発生するとカビ取り掃除が大変になってしまいますので、あらかじめ“カビ予防”をしておきましょう。
今回の記事では、浴室ドアや床、壁、パッキンなどのカビを予防する方法をご紹介します。

浴室のカビを未然に防ぐ! そのポイントは?

カビは「適度に暖かくて湿気が多く、栄養分が豊富な場所」を好む性質があります。
湯船やシャワーなどのお湯で室温・湿度が高い浴室は、カビが繁殖しやすい環境です。
また、浴室には人間の皮脂や垢・髪の毛などのカビの栄養分となるものも蓄積しやすいことから、カビが発生しやすい条件が揃っている場所だといえます。

つまり浴室のカビの発生を予防するには、こまめに掃除をおこなうのはもちろんのこと、「浴室内の室温を下げる」「換気をする」といった対策をおこなうことがとても大切なのです。

浴室のカビ予防方法を知ろう!

浴室内のカビを予防するには、カビのエサとなる「温度」「水分」「栄養」をシャットアウトすることが大切です。
浴室内の各場所の予防方法を見ていきましょう。

浴室全体

カビを予防するためには、入浴が終わったあと、浴室全体にシャワーでお湯をかけておくのがポイントです。
これによりカビの原因菌やカビの餌となる「人の皮脂」や「垢」「髪の毛」などを流すことができ、水滴が落ちて乾きやすくなります。

また、カビは高熱に弱いため、50℃以上のお湯をかけると簡単に除菌することができます。
週1回を目安におこなえば、浴室全体を清潔に保つことができるでしょう。
ただし、熱いお湯を取り扱う際にはやけどに十分注意してください。使用後は必ず換気扇を回したり、窓を開けたりして浴室の温度と湿度を下げておきましょう。

床・壁・天井

浴室の壁や床、天井は水滴が残りやすいため、毎日の入浴後や掃除後に“水分をしっかりと切ること”が大切です。
水分を取るには、「スクイージー」と雑巾を使うのがおすすめですよ。

スクイージーで壁の上から下にかけて水を切り、壁を一周したら浴槽の縁や外側・内側の壁・床にもスクイージーをかけ、排水溝に水を流しましょう。
壁や床の形状によってはうまくスクイージーをかけられない場合もありますので、そのような場合はきれいな雑巾で水気を拭き取ってくださいね。
また、天井は柄の長いスクイージーを使うか、掃除用ワイパーに薄手の清潔な雑巾をセットして拭き上げましょう。

浴室ドア&パッキン

浴室ドアに関しても床や壁などと同じく、水気を取ることが大切です。
平らなところをスクイージーで水切りし、細かな段差やパッキンなどは雑巾で拭いて仕上げましょう。
同時に、ドアのパッキンや通風口にほこりやゴミが溜まっていないか確認しましょう。
どちらも汚れが溜まりやすい場所のため、放置することでカビの繁殖場所になるほか、換気がうまくいかなくなってしまいます。
パッキンのカビ予防にはアルコールスプレーを利用したお手入れがおすすめです。
スプレーしたあと布で拭き取ると、除菌効果があるうえ、手垢や汚れが落ちて清潔さをキープすることができますよ。

清潔さキープ&健康を守るため、“浴室のカビ予防”をしよう!

清潔さキープ&健康を守るため、“浴室のカビ予防”をしよう!

浴室のカビは、1度発生すると次から次へと増殖してしまいます。
カビ取り掃除の手間や健康への影響を考えると、普段からカビを発生させないような対策をおこなっておくのが理想ですね。
今まで対策をしていなかった人も、今回の記事を参考にしながらカビ予防に努めましょう!

現在登録されている商品はありません。
カートへ