information
  • ご来店誠にありがとうございます!!
  • 会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント!!
  • 会員登録で当店の商品が会員限定価格で購入可能!!
  • 会員ログインして購入で最大3%ポイント付与!! ※プラチナランクの場合

PayPay残高でのお支払いで10%相当還元&抽選で更に全額還ってくる

リフォームおたすけDIY【公式】のコロナ対応

初めてのお客様へ

窓サッシ 購入前のポイント

アルミサッシと樹脂サッシの違いについて

会員登録特典!!

メーカーショールームの見積もりに対し、おたすけ価格でご提案します!

TradeSafe トラストマークは日本で唯一国際基準に基づきネットショップの信頼性と安心を承認する第三者認証マークです

取り扱いメーカー

DIY自慢施工例

施工例を送ってQUOカードをGet!

メーカーWEBカタログLIXIL
メーカーWEBカタログYKK AP
DIYの基本!ねじの回し方!

浴室ドアを引き戸にすると得られるメリットとは?-

浴室ドアを引き戸にすると得られるメリットとは?

浴室ドアを引き戸にすると得られるメリットとは?

浴室ドアを「開き戸」にリフォームするメリット4つ

ひと口に浴室ドアといってもさまざまなタイプがあり、主に開き戸や折れ戸、引き戸の3種類が挙がります。
中でも、折れ戸は省スペースで設置できることから、バスユニットの標準装備に設定されていることも少なくありません。

折れ戸や開き戸でも機能的には申し分ありませんが、浴室ドアを引き戸にしてみると、どんなメリットがあるのでしょうか?
今回は、浴室ドアを引き戸にした場合に得られるメリットについてご紹介します。

浴室ドアを引き戸にするメリット1. 作りが単純なので掃除がしやすい

引き戸はドアレールの上にドアを乗せているだけというシンプルな作りをしているので、掃除がしやすいというメリットがあります。
浴室の床は水やボディーソープなどの泡などによって、汚れがたまりやすいもの。とくに女性がいる家庭の場合、髪の毛が落ちたりすることもあります。

これは浴室ドアも例外ではなく、水垢やほこりなどが溜まりやすい場所ですが、引き戸であれば横にスライドさせるだけでレールの掃除ができます。
また、ドアを取り外せるタイプならレール全体だけでなく、ドアにたまった汚れも掃除できるのでいつまでも清潔なドアを保つことが可能です。

浴室ドアを引き戸にするメリット2. 省スペースで空間を有効活用できる

折れ戸や開き戸の場合、ドアの前後にドアを開閉させるためのスペースが必要です。
常に十分なスペースを確保していないと浴室への出入りができないため、ドアが可動するスペースには物を置くことができません。
しかし、引き戸は横にずらすだけなのでドアの前後にスペースがなくてもOKです。
本来であればドアの可動分のスペースを確保しなければなりませんが、引き戸であればその場所に棚や小物などを置くことができます。浴室ドアのすぐそばにバスタオルや着替えなどを置いておける場所があると、入浴の際も便利ですね。

また、開き戸は間口を広く取ることができるので、出入りもスムーズです。
スペースが限られており、空間を有効活用したい方に向いています。

浴室ドアを引き戸にするメリット3. 開閉しやすくお年寄りや子どもにも安心

浴室ドアを引き戸にするメリット3. 開閉しやすくお年寄りや子どもにも安心

引き戸はスライドさせるだけで開閉ができるので、力が弱いお年寄りや小さい子どもでもストレスなく開閉ができます。
また、折れ戸や開き戸のように指を挟むというアクシデントも起こりにくいのもメリット。小さな子どもと一緒に入浴をするときもドアの開閉がスムーズです。骨折やケガなどで入浴に介護が必要になった場合、介助者が出入りしやすいというメリットもあります。

さらに、ドアの動作がスライド式なので、ドアの前で人が倒れたり、何か障害物があってもドアが開かないというトラブルにもつながりにくくなります。
とくに、浴室の床はすべりやすいため、転倒などのトラブルが起こる可能性が否めません。
お年寄りや子どもはとくに転倒しやすいため、引き戸にしておくことで安心感が高まります。

引き戸は開口部が広くゆったり使える上に、掃除もしやすく、開閉しやすいので力が弱いお年寄りや子どもでも安心して使えます。
ドアの開閉のためのスペースも不要で耐久性も高く、たとえドアの前に障害物があっても開閉できるのもポイントです。
浴室のドアをリフォームする際には、メリットがたくさんある引き戸を検討してみてはいかがでしょうか。

浴室ドアを引き戸にすると得られるメリットとは?
現在登録されている商品はありません。
カートへ