infomation
  • ご来店誠にありがとうございます!!
  • まとめ買いで更にお値引いたします!! FAX、メールにてお見積り依頼くださいませ!!
  • 会員登録ですぐに使える500円ポイント+会員購入特典+お買得ポイント情報をゲット!!
  • 10セット以上の各建材(アルミサッシ・二重窓・ドア・他)お見積もり依頼でQuoカード500円分をプレゼント!!
  • お見積り→ご契約金額に応じて素敵な商品をプレゼントしています!!

初めてのお客様へ

窓サッシ 購入前のポイント

会員登録特典!!

サッシご購入で冊子をプレゼント!

TradeSafe トラストマークは日本で唯一国際基準に基づきネットショップの信頼性と安心を承認する第三者認証マークです

取り扱いメーカー

DIY自慢施工例

施工例を送ってQUOカードをGet!

メーカーWEBカタログLIXIL
メーカーWEBカタログYKK AP
DIYの基本!ねじの回し方!

「引き戸 DIY」について
※扉(建具)のみ取替用【既存枠はそのまま】





 き戸をDIY(Do it yourself)で取付、取替にチャレンジされる方が増えてきています。当店への引き戸の取替用商品のお問合せも年々増加傾向にあります。当店では枠は触らずに既存の枠(鴨居・敷居)を利用して引き戸(扉)のみを簡単に取替えることができる取替ドア・取替引き戸・取替クローゼット等のご用意を幅広く対応しておりますのでお気軽にご相談・ご連絡ください。

    引き戸
 
開き戸

クローゼットドア
 



「引き戸レール」
 
 内引き戸のレールの種類には、敷居溝に貼り付ける「敷居すべり」タイプ、一昔前に良く利用された「甲丸型・角型レール」、最近よく利用されている「V型レール」に大きく分けられます。バリアフリーの環境からして床から立上りが1センチ程度できる「甲丸・角型レール」は最近では利用頻度が低くなり、軽くて段差のできない「V型レール」の比率が高まっています。
引き戸後付用レールはこちら



「引き戸 防音」について
 

 引き戸で防音可能な商品がないかとの問い合わせをよく頂きます。防音性能を保つためにはドアの四方をきっちりと密閉する必要があります。引き戸の構造上なかなか難しい問題です。まず上部の納まりですが、ドア上部を鴨居の溝の中に入れるタイプはある程度密閉されていますが、上吊式タイプとなるとどうしてもドアと吊レールとの隙間が生じます。ドア下部を見てみますと敷居の中にドアをはめ込むタイプはある程度密閉された状態となりますが、Vレール納まりとなるとドアとVレールとの間に隙間が生じます。縦の隙間もモヘア等で防ぐことはできても遮音性を高めるには至りません。よって現在、防音・遮音性能を求めるにはメーカー市販の防音ドア(開き扉)を利用することをお勧めいたします。(※私見が入っています。)
 
   YKKap防音ドア   LIXIL防音ドア




「引き戸 ロック(鍵)」について
引戸南京錠はこちらから
 片引き戸(1枚)の施錠については基本的に鎌の形状をした金具が枠側の受け金具へ入り引き戸を固定する製品が大半です。2枚引違い戸の場合は、建具同士の重なる部分で貫通させ2枚の建具を固定する製品をよく利用しますが、最近では各建具の引き手側にそれぞれに鎌錠を設置していることもよくあります。室内用と屋外用の商品がありますのでご注意ください。


「玄関 引き戸」について
※扉(建具)のみ取替用【既存枠はそのまま】


玄関のドアの種類は「ドア」と「引戸」に大きく分かれます。ドアの中には「片開き」「親子開き」「両開き」に分かれます。引き戸については「1枚の片引き戸」「2枚の引違い戸」「3枚の引違い戸」「袖付の2枚片引き戸」「2枚の引分け戸」等に分かれます。現在では住宅のバリ戸戸アフリー化が進み開け閉めの際にドア前後で移動が起こるドアタイプよりも、ドアの開け閉めで立ち位置から移動の必要のない引戸タイプが増加傾向にあります。健常者には特に気にしない部分かもしれませんが、体の不自由な方、お年寄りに優しい商品としては「引戸」がおススメです。


  
開きドア
  
玄関引戸藤樹
 
玄関引戸エレンゼ




「室内 引き戸」について


室内の建具は従来は「開きドア」が主流の時代がありましたが昨今では玄関と同様でバリアフリー化が進んだ影響でドアに変わり「引き戸」が主流となっています。引き戸の引きの種別は「1枚片引き戸」「2枚片引き戸」「3枚片引き戸」「2枚引違い戸」「3枚引違い戸」「4枚引違い戸」「引分け戸」に分かれます。また最近は既存のドアの開口部を利用して取付する「アウトセット」タイプの引き戸も増えています。壁を壊すことなくドアから引き戸に簡単に交換でき、工期短く、ローコストということで重宝されておりこれからも需要は伸びていきそうです。


       
         
TOP >>  建具・ドア・建材館 >>  引き戸






 

建具販売 TOP | 会社概要 | 支払・配送・返品